外構工事 本庄市 SXLオーナーJ様邸

本庄市児玉町にお住いのJ様邸にて外構のリフォームをさせていただきました。

工事前は、お庭の未舗装部分の泥が雨などにより舗装済の駐車場に流れ込んでしまうということと、雑草の処理に手間がかかるということでお悩みでした。

IMG_7969.JPG

そこで、お庭に防草シートと砂利を敷き詰める工事をさせていただき、傾斜のある通路部分にコンクリートを敷く工事をさせていただきました。


IMG_8747.JPG

お庭のメインの部分にはきれいな白砂利を敷かせていただきました。その下には雑草防止の防草シートが敷かれており、雑草の繁殖を抑えています。


そして、お庭西側にある通路ですが、工事前はこのような状況でした。

IMG_7968.JPG

お客様が防草シートを敷いて泥の流出を抑えるための応急処置をしていたのですが、シートだけでは流出を抑えきることができず、コンクリートを敷くこととなりました。

工事後はこのような仕上がりになりました。

IMG_8746.JPG

コンクリートを敷けば、見た目がすっきりするだけでなく、泥の流出や雑草の心配もありません。

 

内装・外装工事だけでなく、お庭の工事(外構工事)も承っておりますので、ぜひご相談ください!

 

2019/02/02

屋根板金交換・塗装工事 上里町 SXLオーナーH様邸

台風で屋根の板金がはがれてしまったお家で屋根板金の交換と屋根の塗装のリフォーム工事をさせていただきました。

被災直後の写真がこちらです。

IMG_9425.JPGPA041292_R.JPG

まずは本格的な工事までの応急処置です。

PA041297_R.JPG

その後しっかり足場を建てて屋根全体の様子を見てみると

IMG_9499.JPG

風に飛ばされなかった屋根板金も釘が浮いてきてしまっていました。

新築してから時間が経つと板金の中の木下地が劣化してきて釘が浮いてきてしまうのです。

築30年ほどのお家では板金下地がこのような状態になっています。

IMG_9506.JPG

屋根の板金と一緒に劣化した下地も交換します。

最近では水にぬれても劣化しにくい樹脂製の下地材を使用しています。

下の写真の右側に見える黒い棒状の材料がその下地材です。

IMG_9504.JPG

上から板金をかぶせて防水パッキン付きのビスで留めれば屋根板金交換工事完了です。

IMG_9510.JPG

 

板金の交換が完了したら上から屋根全体を塗装します。

板金だけでなく、屋根全体を塗装で補強しておけばさらに安心です。

塗装をする直前に重要なのが高圧洗浄です。

塗装前の洗浄が甘いと塗料と塗装面との密着性が悪くなり、塗装の劣化を早める原因になります。

洗浄後の屋根の状態がこちらです。

IMG_9531.JPG

高圧洗浄が終わり、表面が乾いたら下地材を塗っていきます。

こちらも塗料と塗装面との密着性を高めるための作業です。また、この下地材が劣化した塗装面にしみこむことで屋根材の強度を高める効果もあります。

IMG_9541.JPG

次に、色のついた塗料を塗っていきます。

IMG_9559.JPG

一度塗った面が乾いたら、上からもう一度同じ塗料を塗ります。

下地材1回、色のついた塗料を2回、合計3回塗って工事完了です。

IMG_9570.JPG

 

2018/10/27

勝手口ドアのリフォーム 藤岡市 SxLオーナーK様邸

勝手口ドアの交換工事を行いましたのでご紹介いたします。

ドアノブのガタつきや表面の劣化、ちゃんと閉まらない…など、

勝手口についてお悩みの方におススメです。

 

Before                             After

20151219_051717129_iOS.jpg                 20151228_024600571_iOS.jpg

 

壊れていた部分が直るだけでなく、断熱性や採光もよくなります!

 

LIXILの「リシェント勝手口ドア」という商品を使って施工しています。

いろいろなデザインや機能がありますので気になった方はぜひご相談ください。

 

2017/11/27

トイレリフォーム 本庄市A様邸

トイレについてお困りのA様邸にてリフォームをさせていただきました。

元のトイレはこのような状態でした。

IMG_4455.JPGIMG_4454.JPG

A様がお困りだったのは

  • 便座の脇についている機能操作部が邪魔となり奥の方が掃除しづらい
  • 予備のトイレットペーパーを置いておくための棚や収納がない

という点でした。

 

そこで、LIXILの「リフォレ」というトイレを使ってのリフォームを提案いたしました。

工事後の写真がこちらです。

IMG_5482.JPG

…なんということでしょう!

トイレだけでなく、天井と壁のクロス、床のクッションフロア、照明器具や換気扇まで交換してしまいました。

実は、トイレのクロスとクッションフロアをきれいに交換することができるのは「トイレを交換する」この瞬間だけなのです。一度トイレという障害物を取り除いた状態でクロスやクッションフロアを張り替えることができるので、きれいに施工することができます!

また、クッションフロアを交換せずトイレだけ交換した場合、既存トイレの跡がクッションフロアに残ったままになってしまいます。せっかくトイレが新しくきれいになったとしても、床に前の便器の跡が残ってしまうといやですよね…。

 

「リフォレ」という商品を使ったのにも理由があります。

このトイレ、掃除用具や備品をしまっておける収納スペースが備え付けになっているのです。従来トイレのタンクにあたる部分もその収納の中に納まっているため、でこぼこした部分がなく、掃除がしやすく見栄えもよいのです。

これでA様のお悩みも解決することができました。

 

もう一つ工夫させていただいた点があります。

わかりにくいかもしれませんが…ドアです。もともとは内開きだったドアを外開きにさせていただきました。トイレのドアが内開きだと、もし中で人が意識を失い倒れてしまった場合に外から開けられなくなってしまうのです。そのような事故を防ぐための工夫です。

 

トイレのリフォームだけでもいろんなことを考えてご提案しております!

2017/10/21

 

屋根塗装 本庄市SxLオーナーH様邸

屋根塗装のリフォーム施工事例をご紹介いたします。

施工前の状態がこちらです。

20150904_235002868_iOS.jpg

屋根の北側を写した写真なのですが、築15年ほどになるとどちらのお家でもこのように屋根の色褪せや苔の繁殖が目立ってきますね。

そのままにしてしまうとお家の外観を損なうだけでなく、屋根材が劣化し雨漏りの原因にもなってしまいます。

 

当社での塗装工事の工程をご紹介いたします。

まず塗料を塗り始める前に高圧洗浄を行い、屋根についた汚れや苔、古い塗膜を洗い流します。

高圧洗浄後の状態がこちらです。

20150913_024809836_iOS.jpg

表面をきれいに洗浄処理することで、屋根材表面と塗料との密着性を高めます。


その後、下地材を塗ることでさらに屋根表面と塗料との密着性を強化します。

その上で色のついた塗料を塗り始めます。一度塗った面が乾いたら、仕上げにもう一度同じ面を色のついた塗料で塗ります。

下地材1回と、色のついた塗料を2回、合計3回塗って完成です。

屋根材の劣化が激しい部分はさらに塗料を重ね塗りする場合もあります。

塗装完了後の写真がこちらです。

20150914_073053168_iOS.jpg

屋根が輝きを取り戻しましたね。

 

これでしばらくは屋根の心配はいりません。

ただし、屋根板金などが傷んでいる場合は塗装と同時に交換をお勧めいたします。

ご相談いただければあらかじめ屋根の状態を点検させていただき、最適な工事プランをご提案いたします!

2017/10/09


リフォーム施工例集

随時更新予定です。

リフォーム施工例の一部はスタッフブログにも掲載しております。

2017/10/01